2018年02月23日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

V−5
下図の決定性有限オートマトンが0100を受理する
ために、破線で囲まれたア、イ、ウ、エの遷移に割り
当てるべき入力の最も適切な組合せはどれか。
ただし、二重丸で表現された状態は受理状態を表す
ものとする。

 平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

  
 @ 1 0 1 0
 A 1 0 0 1
 B 1 0 0 0
 C 0 1 1 0
 D 0 1 0 1



【正解】 C

@ 0100を入力すると、 図の右上の状態に遷移する。
A 0100を入力すると、 図の下の状態に遷移する。
B ウとエに同じ値が入ることはない。
C 正しい。
D 0100を入力すると、 図の右上の状態に遷移する。

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  

posted by ファーストマクロ at 19:34| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: