2018年03月08日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−18

V−18
要求の妥当性確認の1方法であるプロトタイピングの
種類に関する次の記述のうち、最も不適切なものは
どれか。

 @ 進化型プロトタイピングでは、要求定義の完了後も
   実開発での実装として使い続けるものを作成する。
 A 垂直プロトタイピングでは、システムのアーキテクチャ
   に関する実現可能性を検証するため、各レイヤが
   想定どおりの速度で動くかどうか確認する。
 B 電子的プロトタイピングでは、市販ツールやスクリプト
   言語を活用して画面を生成する。変更や修正も
   比較的容易である。
 C ペーパプロトタイピングでは、画面構成とその遷移を
   紙やプレゼンテーションツールで表現する。
 D モックアップでは、画面及び画面遷移だけでなく
   機能を実装してシステムのロジックに関する振舞いを
   確認する。



【正解】 D

妥当性確認とは、要求者(顧客)のニーズに合致しているかを確認することである。
@適切である。進化型プロトタイピングに対して、使い捨て型プロトタイプがある。
A垂直プロトタイピングでは、全機能は開発せず、一部の機能の性能や、
 画面のレイアウト、カラーなどまでも詳細に開発する。
 水平型プロトタイピングでは、全機能の画面仕様などのインターフェースを
 開発するが、実際には模擬的にしか動かない。
B適切である。 電子的プロトタイピングに対してペーパープロトタイプがある。
C適切である。 
D不適切である。
 
モックアップは、模型の意味がある。ITでは、試作や検討レベルでの模型を意味し、
 機能を実装して、システムのロジックに関する振舞いを確認することまではしない。

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  

posted by ファーストマクロ at 00:20| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: