2018年03月12日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−22

V−22
ソフトウェア要求仕様に対する推奨プラクティスIEEE
Std 830-1998 に基づくソフトウェアの要求仕様の特性の
1つである完全性に関する次の記述のうち、最も適切な
ものはどれか。

 @ 開発するソフトウェアが満たすべきでない内容が要求
   仕様に含まれていないことである。
 A 機能、制約、入出力などの要求がすべて記述され
   ていて、要求仕様内の図表のラベルや相互参照の
   不備がないことである。
 B ソフトウェア製品がその要求を満たしていることを
   チェックできる。有限で費用効果性のあるプロセスが
   存在することである。
 C 要求仕様内で、一方を実現するともう一方が実現
   できない要求が存在しないことである。
 D 要求仕様内に述べられているすべての要求において
   解釈が何通りにもなるものがなく、一意であることで
   ある。



【正解】 A

IEEE Std 830-1998 に挙げられている仕様の品質基準として以下のものがある。

正当性:内容に自己矛盾がなく、もれなくすべてが記述されていること。 
  また、満たすべきでない内容が要求仕様に含まれていないこと。
非曖昧性:曖味なところがなく、内容が一意に定まること。
完全性:以下の3つを全て含むこと。
 ・全ての必要な要求が含まれている。
 ・全ての入力データと状態に対する応答の定義が含まれている。
 ・用語と図表の説明が含まれている。
一貫性:仕様書に含まれる要求間で矛盾がないこと。
ランク付け:要求が重要性や安定性に関して順位付けされていること。
検証容易性 (検証可能性):全ての要求に対して、有限コストで検証
  可能であること。
修正容易性:容易かつ完全かつ一貫性を保って要求仕様書を修正
 できること。
追跡性:要求の根拠が明確で、開発工程全体で参照できること。

@正当性に関する記述である。
A正しい。
B検証容易性に関する記述である。
C一貫性に関する記述である。
D非曖昧性に関する記述である。

【類題】
H26 V-21

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  

タグ:品質基準
posted by ファーストマクロ at 20:47| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: