2018年03月13日

平成29年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−23

V−23
データベースにおけるトランザクションの原子性に関する
次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 更新途中のトランザクションの処理結果を他のトラン
   ザクション処理から見ることができない。
 A 同時に実行しているトランザクションは互いに影響を
   与えない。
 B トランザクションに含まれる操作すべてが成功か失敗の
   どちらかになる。
 C トランザクションをコミットするとデータの処理結果は
   保たれる。
 D トランザクションを実行した前後でデータの一貫性が
   保たれる。



【正解】 B

トランザクション処理においては
ACID特性が求められる。

@Isolation (独立性・隔離性) に関する記述である。
A
Isolation (独立性・隔離性) に関する記述である。
B正しい。
Atomicity (原子性) に関する記述である。
C
Durability (永続性・耐久性) に関する記述である。
D
Consistency (一貫性) に関する記述である。

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  

タグ:ACID
posted by ファーストマクロ at 20:03| Comment(0) | H29技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: