2018年05月09日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19
ページング方式の仮想記憶における主記憶の割当てに
関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア プログラム実行時のページフォールトを契機に、 ページ
   をロードするのに必要な主記憶が割り当てられる。
 イ プログラムで必要なページをロードするための主記
   憶の空きが存在しない場合には、実行中のプログラム
   のどれかが終了するまで待たされる。
 ウ プログラムに割り当てられる主記憶容量は一定で
   あり、プログラムの進行によって変動することはない。
 エ プログラムの実行開始時には、プログラムのデータ
   領域とコード領域のうち、少なくとも全てのコード領域に
   主記憶が割り当てられる。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 実行中のプログラムのどれかが終了せずとも、ページをロードするのに
 必要な主記憶が割り当てられる。
ウ プログラムに割り当てられる主記憶容量は、プログラムの進行によって変動する。
エ データ領域もコード領域も必要に応じて主記憶が割り当てられる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:仮想記憶
posted by ファーストマクロ at 00:18| Comment(0) | H30春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: