2018年07月24日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問14

問14
コンピュータを2台用意しておき、現用系が故障した
ときは、現用系と同一のオンライン処理プログラムを
あらかじめ起動して待機している待機系のコンピュータ
に速やかに切り替えて、処理を続行するシステムは
どれか。

 ア コールドスタンバイシステム
 イ ホットスタンバイシステム
 ウ マルチプロセッサシステム
 エ マルチユーザシステム


【正解】 イ

ア 
コールドスタンバイシステムは、現用系に障害が発生したとき、待機系で実行
 していた処理を中断し、代わりに現用系で実行していた業務システムを起動する
 ことによって、システム全体の可用性を向上させるシステム構成のことである。
イ 正しい。
ウ 
マルチプロセッサシステムは、1台のコンピュータに複数のプロセッサ (CPU) を搭載し、
 処理能力の向上を図ったシステム構成のことである。
エ マルチユーザーシステムは、複数のユーザ (利用者) がシステムを同時に利用できるように
 構成されたシステムのことである。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



posted by ファーストマクロ at 18:50| Comment(0) | H30春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: