2018年08月27日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問47

問47
開発プロセスにおいて、ソフトウェア方式設計で行う
べき作業はどれか。

 ア 顧客に意見を求めて仕様を決定する。
 イ ソフトウェア品目に対する要件を、最上位レベルの
   構造を表現する方式で、かつ、ソフトウェアコンポー
   ネントを識別する方式に変換する。
 ウ プログラム1行ごとの処理まで明確になるように
   詳細化する。
 エ 要求内容を図表などの形式でまとめ,段階的に
   詳細化して分析する。



【正解】 イ

開発プロセスは、大まかには以下のように分けられる。
 企画プロセス
 要件定義プロセス
 システム開発プロセス
 ソフトウェア実装プロセス
 ハードウェア実装プロセス
 保守プロセス

ソフトウェア方式設計プロセスは、ソフトウェア実装プロセスの一つである。

ア 企画プロセスや要件定義プロセスで行うべき作業である。
イ 正しい。
ウ ソフトウェア詳細設計で行うべき作業である。
エ 要件定義プロセスで行うべき作業である。

posted by ファーストマクロ at 20:45| Comment(0) | H30春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: