2018年08月29日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問49

問49
プログラムの流れ図で示される部分に関するテスト
データを、判定条件網羅 (decision coverage) に
よって設定した。このテストデータを複数条件網羅
(multiple condition coverage) による設定に変更
するとき、加えるべきテストデータのうち、適切なものは
どれか。ここで、( ) で囲んだ部分は、一組みのテスト
データを表すものとする。

 平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問49

・判定条件網羅によるテストデータ
  (A = 4、B = 1)、(A = 5、B = 0)

 ア (A = 3、B = 0)、(A = 7、B = 2)
 イ (A = 3、B = 2)、(A = 8、B = 0)
 ウ (A = 4、B = 0)、(A = 8、B = 0)
 エ (A = 7、B = 0)、(A = 8、B = 2)


【正解】 エ

判定条件網羅は、判定条件における真と偽の条件を少なくとも1回は満たすように
テストケースを設定する。分岐網羅ともいう。
複数条件網羅は、判定条件内の全ての真偽の組み合わせを少なくとも1回は
満たすようにテストケースを設定する。

判定条件網羅によるテストデータでは、
(A = 4、B = 1) の時、A>6が
、B=0が
(A = 5、B = 0) の時、A>6が
、B=0が
であるから、残りは、
A>6が
、B=0が
A>6が
、B=0が
のテストデータを設定すればよい。

従って
(A = 7、B = 0) の時、A>6が、B=1が
(A = 8、B = 2) の時、A>6が、B=1が

となるエが正解となる。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



タグ:条件網羅
posted by ファーストマクロ at 20:14| Comment(0) | H30春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: