2018年09月06日

平成30年度春期 基本情報技術者試験問題 問56

問56
サービスデスク組織の構造とその特徴のうち、ローカル
サービスデスクのものはどれか。

 ア サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中
   することによって、サービス要員を効率的に配置
   したり、大量のコールに対応したりすることが
   できる。
 イ サービスデスクを利用者の近くに配置することに
   よって、言語や文化が異なる利用者への対応、
   専門要員によるVIP対応などができる。
 ウ サービス要員が複数の地域や部門に分散してい
   ても、通信技術の利用によって単一のサービス
   デスクであるかのようにサービスが提供できる。
 エ 分散拠点のサービス要員を含めた全員を中央
   で統括して管理することによって、統制のとれた
   サービスが提供できる。


【正解】 イ

ア 
中央サービスデスクの説明である。
イ 正しい。
ウ 
バーチャルサービスデスクの説明である。
エ 
フォロー・ザ・サンの説明である。フォロー・ザ・サンは、地理的に分散した
 二つ以上のサービスデスクを組み合わせて、24時間体制でサービスを提供する。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



posted by ファーストマクロ at 21:44| Comment(0) | H30春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: