2018年11月03日

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−13

V−13
ある計算機上のページングによる仮想記憶システムを考える。この計算機の
主記憶は4ページからなり、10ページ (P0〜P9) からなるプログラムを実行
しようとしているとする。次に示す順番でプログラムがページ参照を行うとき、
ページの追い出しにLRUアルゴリズムを用いた場合の主記憶の最終状態と、
ページの追い出しにFIFOアルゴリズムを用いた場合の主記憶の最終状態の
組合せとして、最も適切なものはどれか。ただし、プログラム実行直前の初期
状態では、主記憶がすべて空き状態であり、また、各ページの割当ては、図中
上から順に行われていくものとする。

 ページ参照順 
  P0, P1, P2, P3, P1, P4, P5, P4, P6, P7, P6, P4, P8, P7, P9

 @ LRU  FIFO  A LRU  FIFO  B LRU  FIFO
   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐
   │P4│ │P4│   │P4│ │P8│   │P4│ │P8│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P7│ │P7│   │P7│ │P9│   │P8│ │P9│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P8│ │P8│   │P8│ │P6│   │P7│ │P6│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P9│ │P9│   │P9│ │P7│   │P9│ │P7│
   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘

 C LRU  FIFO  D LRU  FIFO
   ┌─┐ ┌─┐   ┌─┐ ┌─┐
   │P8│ │P4│   │P8│ │P8│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P9│ │P7│   │P9│ │P9│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P6│ │P8│   │P6│ │P6│
   ├─┤ ├─┤   ├─┤ ├─┤
   │P7│ │P9│   │P7│ │P7│
   └─┘ └─┘   └─┘ └─┘



【正解】 A

LRU (Least Recently Used) は、参照されていない時間が最も
長いページを置換対象とするアルゴリズムである。
FIFO (First In, First Out) は、先入れ先出しにより置換する
アルゴリズムである。

【LRUの場合】
P0 ・・・
P0, --, --, --
P1 ・・・P0,
P1, --, --
P2 ・・・P0, P1,
P2, --
P3 ・・・P0, P1, P2,
P3
P1 ・・・P0,
P1, P2, P3
P4 ・・・
P4, P1, P2, P3
P5 ・・・P4, P1,
P5, P3
P4 ・・・
P4, P1, P5, P3
P6 ・・・P4, P1, P5,
P6
P7 ・・・P4,
P7, P5, P6
P6 ・・・P4, P7, P5,
P6
P4 ・・・
P4, P7, P5, P6
P8 ・・・P4, P7,
P8, P6
P7 ・・・P4, P7, P8, P6
P9 ・・・P4, P7, P8,
P9

【FIFOの場合】
P0 ・・・P0, --, --, --
P1 ・・・P0,
P1, --, --
P2 ・・・P0, P1,
P2, --
P3 ・・・P0, P1, P2,
P3
P1 ・・・P0,
P1, P2, P3
P4 ・・・
P4, P1, P2, P3
P5 ・・・P4,
P5, P2, P3
P4 ・・・
P4, P5, P2, P3
P6 ・・・P4, P5,
P6, P3
P7 ・・・P4, P5, P6,
P7
P6 ・・・P4, P5,
P6, P7
P4 ・・・
P4, P5, P6, P7
P8 ・・・
P8, P5, P6, P7
P7 ・・・P8, P5, P6,
P7
P9 ・・・P8,
P9, P6, P7

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  



posted by ファーストマクロ at 09:17| Comment(0) | H30技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: