2018年12月13日

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問23

問23
1桁の2進数A、Bを加算し、Xに桁上がり、Yに桁上がりなしの
和 (和の1桁目) が得られる論理回路はどれか。

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問23



【正解】 ア

題意より、以下のとおり出力される論理回路となる。
(A、B) = (0、0) の時、 0+0=0 より (X、Y) = (0、0)
(A、B) = (0、1) の時、 0+1=1 より (X、Y) = (0、1)
(A、B) = (1、0) の時、 1+0=1 より (X、Y) = (0、1)
(A、B) = (1、1) の時、 1+1=10(2) より (X、Y) = (1、0)

Xに注目すると
(A、B) = (0、0) の時、0
(A、B) = (0、1) の時、0
(A、B) = (1、0) の時、0
(A、B) = (1、1) の時、1
つまり 論理積素子 (AND) 回路である。

Yに注目すると
(A、B) = (0、0) の時、0
(A、B) = (0、1) の時、1
(A、B) = (1、0) の時、1
(A、B) = (1、1) の時、0
つまり 
排他的論理和素子 (XOR) 回路である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:論理回路
posted by ファーストマクロ at 21:07| Comment(0) | H30秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: