2019年03月05日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問25

問25
液晶ディスプレイなどの表示装置において、傾いた直線の境界を滑らかに
表示する手法はどれか。

 ア アンチエイリアシング
 イ シェーディング
 ウ テクスチャマッピング
 エ バンプマッピング



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 
シェーディングは、立体感を生じさせるため、光源と物体の形状などに基づいて表示
 するときに陰影をつける処理である。
ウ 
テクスチャマッピングは、物体の表面に画像を貼り付けることによって、表面の質感を
 表現する手法である。
エ 
バンプマッピングは、CGなどで作成した物体を自然で繊細に表現するために、物体の
 表面に凸凹をつける手法である。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



タグ:表示手法
posted by ファーストマクロ at 19:00| Comment(0) | H30秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: