2019年03月18日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問38

問38
共通鍵暗号方式の特徴はどれか。

 ア 暗号化通信に使用する場合、鍵を相手と共有する必要があり、事前に
   平文で送付することが推奨されている。
 イ 暗号化通信をする相手が1人の場合、使用する鍵の個数は公開鍵
   暗号方式よりも多い。
 ウ 同じ程度の暗号強度をもつ鍵長を選んだ場合、公開鍵暗号方式と比較
   して、暗号化や復号に必要な時間が短い。
 エ 鍵のペアを生成し、一方の鍵で文書を暗号化すると、他方の鍵でだけ復号
   することができる。



【正解】 ウ

ア 暗号化通信に使用する場合、鍵を相手と共有する必要があるが、
 事前に平文で送付することは大変危険である。
イ 暗号化通信をする相手が1人の場合、使用する鍵の個数は
 公開鍵暗号方式では2つ、共通鍵暗号方式では1つである。
ウ 正しい。
エ 公開鍵暗号方式の特徴である。
 共通鍵暗号方式では、1つの鍵で暗号化と複合化が行える。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



タグ:暗号化
posted by ファーストマクロ at 20:33| Comment(0) | H30秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: