2019年04月17日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問67

問67
プロダクトライフサイクルにおける成長期の特徴はどれか。

 ア 市場が製品の価値を理解し始める。製品ラインもチャネルも拡大
   しなければならない。この時期は売上も伸びるが、投資も必要である。
 イ 需要が大きくなり、製品の差別化や市場の細分化が明確になってくる。
   競争者間の競争も激化し、新品種の追加やコストダウンが重要となる。
 ウ 需要が減ってきて、撤退する企業も出てくる。この時期の強者になれるか
   どうかを判断し、代替市場への進出なども考える。
 エ 需要は部分的で、新規需要開拓が勝負である。特定ターゲットに対する
   信念に満ちた説得が必要である。




【正解】 ア

PLM (Product Lifecycle Management) は、製品を、導入期、成長期、成熟期、
衰退期という四つの段階に分類し、企業にとって最適な戦略策定に活用する管理
手法である。

ア 正しい。
イ 成熟期の特徴である。
ウ 衰退期の特徴である。
エ 導入期の特徴である。

順序としては エ → ア → イ → ウ となる。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 00:11| Comment(0) | H30秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: