2019年05月03日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問3

問3

AIにおけるディープラーニングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア あるデータから結果を求める処理を、人間の脳神経回路のように多層の処理を 重ねることによって、複雑な判断をできるようにする。

イ 大量のデータからまだ知られていない新たな規則や仮説を発見するために、想定値から大きく外れている例外事項を取り除きながら分析を繰り返す手法である。

ウ 多様なデータや大量のデータに対して、三段論法,、統計的手法やパターン認識手法を組み合わせることによって、高度なデータ分析を行う手法である。

エ 知識がルールに従って表現されており、演繹手法を利用した推論によって有意な結論を導く手法である。




正解


解説

ア 正しい。
イ データマイニングに関する記述である。マイニング (mining) =発掘である。
ウ データマイニングを発展させた分析手法に関する記述である。
エ 演繹手法は、一般的な前提から、確実に言える結論を導き出す手法のことである。

タグ:AI
posted by ファーストマクロ at 07:45| Comment(0) | H31春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: