2019年05月30日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問29

問29

ビッグデータのデータ貯蔵場所であるデータレイクの特徴として、適切なものはどれか。 

ア あらゆるデータをそのままの形式や構造で格納しておく。

イ データ量を抑えるために、データの記述情報であるメタデータは格納しない。

ウ データを格納する前にデータ利用方法を設計し、それに沿ってスキーマをあらかじめ定義しておく。

エ テキストファイルやバイナリデータなど、格納するデータの形式に応じてリポジトリを使い分ける。





正解


解説

ア 正しい。
イ メタデータも格納できる。
ウ スキーマをあらかじめ定義しておく必要はない。
エ データレイクは、あらゆるデータをそのままの形式や構造で格納できる一元化されたデータ保存の概念である。

posted by ファーストマクロ at 20:09| Comment(0) | H31春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: