2019年06月05日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問35

問35

Webサーバを使ったシステムにおいて、インターネットから受け取ったリクエストをWebサーバに中継する仕組みはどれか。

ア DMZ

イ フォワードプロキシ

ウ プロキシARP

エ リバースプロキシ





正解


解説

ア DMZ (DeMilitarized Zone = 非武装地帯) は、インターネットと社内ネットワークなどのプライベートネットワークの間に設置されるセグメントのことであり、インターネット上に公開する必要のあるメールサーバやWebサーバ等はDMZに設置する。

イ フォワードプロキシは、社内ネットワークからインターネット接続を行うときに、インターネットへのアクセスを中継し、Webコンテンツをキャッシュすることによって、アクセスを高速にする仕組みである。従来は、単にプロキシと呼ばれていた。

ウ プロキシARPは、異なるセグメントにあるホスト宛のARP要求に対し、ルータがホストの代理としてルータ自身のMACアドレスを返答する機能のことである。

エ 正しい。リバースプロキシは逆プロキシともいう。
プロキシはパソコンの代理であり、リバースプロキシはWebサーバの代理である。

タグ:プロキシ
posted by ファーストマクロ at 16:36| Comment(0) | H31春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: