2019年07月18日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問78

問78

個人情報のうち、個人情報保護法における要配慮個人情報に該当するものはどれか。

ア 個人情報の取得中に、本人が取扱いの配慮を申告することによって設定される情報

イ 個人に割り当てられた、運転免許証、クレジットカードなどの番号

ウ 生存する個人に関する、個人を特定するために用いられる勤務先や住所などの情報

エ 本人の病歴、犯罪の経歴など不当な差別や不利益を生じさせるおそれのある情報





正解


解説

エ 正しい。個人情報保護法 第2条の3項に以下の記載がある。
この法律において「要配慮個人情報」とは、本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報をいう。
なお、ア〜ウはすべて個人情報に該当する。

posted by ファーストマクロ at 21:28| Comment(0) | H31春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: