2019年07月29日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問8

問8

複数のプロセスから同時に呼び出されたときに、互いに干渉することなく並行して動作することができるプログラムの性質を表すものはどれか。

ア リエントラント

イ リカーシブ

ウ リユーザブル

エ リロケータブル





正解


解説

ア 正しい。リエントラントは、再入可能のことである。

イ リカーシブは再帰的のことである。
リカーシブコールは、再帰呼び出しのことで、サブルーチン (関数) が自分自身のサブルーチンを呼び出すことができるプログラムの性質である。

ウ リユーザブルは再利用可能、再使用可能のことで、一度実行されたプログラムがメインメモリに取り込まれ、ロードしなくても何度でも実行できるプログラムの性質である。

エ リロケータブルは、再配置可能のことで、主記憶上のどこに置いても、プログラムが実行できるプログラムの性質である。

タグ:再入可能
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | H31春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: