2019年08月04日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問14

問14

図のように、1台のサーバ、3台のクライアント及び2台のプリンタがLANで接続されている。このシステムはクライアントからの指示に基づいて、サーバにあるデータをプリンタに出力する。各装置の稼働率が表のとおりであるとき、このシステムの稼働率を表す計算式はどれか。ここで、クライアントは3台のうち1台でも稼働していればよく、プリンタは2台のうちどちらかが稼働していればよい。

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問14

ア ab32

イ a (1 - b3) (1 - c2)

ウ a (1 - b)3 (1 - c)2

エ a (1 - (1 - b)3) (1 - (1 - c)2)





正解


解説

1台でも稼働していればよい」という条件の場合は、全てが稼働していない確率を求めて、1から引くと計算しやすい。

クライアントの全てが稼働していない確率は (1 - b)3
従って クライアントの稼働率は 1 - (1 - b)3

同様にプリンタの稼働率は 1 - (1 - c)2

よってサーバ、クライアント、プリンタが稼働するシステム全体の稼働率は
 a × (1 - (1 - b)3) × (1 - (1 - c)2)
である。 

タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 08:33| Comment(0) | H31春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: