2019年08月08日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問18

問18

データ検索時に使用される、理想的なハッシュ法の説明として、適切なものはどれか。

ア キーワード検索のヒット率を高めることを目的に作成した、一種の同義語・類義語リストを用いることによって、検索漏れを防ぐ技術である。

イ 蓄積されている膨大なデータを検索し、経営やマーケティングにとって必要な傾向、相関関係、パターンなどを導き出すための技術や手法である。

ウ データとそれに対する処理を組み合わせたオブジェクトに、認識や判断の機能を加え、利用者の検索要求に対して、その意図を判断する高度な検索技術である。

エ データを特定のアルゴリズムによって変換した値を格納アドレスとして用いる、高速でスケーラビリティの高いデータ検索技術である。





正解


解説

ア 一種の同義語・類義語リストはシーソラスと呼ばれる。シーソラスには「宝庫」の意味がある。
イ データマイニングの説明である。
ウ セマンティック検索の説明である。
エ 正しい。ハッシュ法は、ある入力値から唯一に決まる固定値を生成するハッシュ関数を使用する。

タグ:ハッシュ法
posted by ファーストマクロ at 21:04| Comment(0) | H31春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: