2019年11月08日

令和元年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−18

V−18

次に挙げる図のうち、 UML2で定義されていないものはどれか。

@ アクティビティ図 (Activity diagram)

A コミュニケーション図 (Communication diagram)

B 配置図 (Deployment diagram)

C ユースケース図 (Use case diagram)

D 実体関連図 (Entity relationship diagram)





正解

D


解説

UML (Unified Modeling Language) は、オブジェクト指向設計を支援する様々な手法を統一して標準化したものであり、クラス図などのモデル図によってシステムの分析や設計を行うための技法である。
UML2.0には、クラス図オブジェクト図ユースケース図シーケンス図コミュニケーション図ステートチャート図アクティビティ図コンポーネント図配置図パッケージ図コンポジット構造図相互作用概念図タイミング図がある。

@ アクティビティ図は、業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐や並行処理、処理の同期などの動作の流れを表現する。

A コミュニケーション図は、オブジェクト間の静的な関係を記述するモデルである。

B 配置図は、システムを構成するハードウェアとソフトウェア両方の各コンポーネントの関係と配置を表すモデルである。

C ユースケース図は、ユーザなどシステムの外部から見た振る舞いを表現する図である。
システム境界や使用する機能などを定義する。

D 正しい。E-R図 (Entity Relationship Diagram) は、概念データモデルを、エンティティとリレーションシップで表現することによって、データ構造やデータ項目間の関係を明らかにするための技法である。

posted by ファーストマクロ at 19:43| Comment(0) | R01技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: