2019年12月07日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問17

問17

図の送信タスクから受信タスクにT秒間連続してデータを送信する。1秒当たりの送信量をS 、1秒当たりの受信量をRとしたとき、バッファがオーバフローしないバッファサイズLを表す関係式として適切なものはどれか。ここで、受信タスクよりも送信タスクの方が転送速度は速く、次の転送開始までの時間間隔は十分にあるものとする。

┌─────┐  ┌─────┐  ┌─────┐
│送信タスク├─→│バッファ ├─→│受信タスク│
│     │ S│サイズ:L│ R│     │
└─────┘  └─────┘  └─────┘

ア L < (R - S)×T

イ L < (S - R)×T

ウ L ≧ (R - S)×T

エ L ≧ (S - R)×T





正解


解説

受信タスクよりも送信タスクの方が転送速度が速いので、1秒当たりのバッファに蓄積されるデータ量は、S−R であり、これがT秒間連続してデータが送信されるため、バッファに蓄積されるデータ量は (S−R)×T である。

従って、バッファサイズL は、(S−R)×T以上である必要があり、
関係式は L ≧ (S - R)×T が適切となる。

タグ:バッファ
posted by ファーストマクロ at 19:46| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: