2019年12月08日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問18

問18

優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングを行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをスケジューリングする。Aの方がBより優先度が高い場合にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものはどれか。

ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能状態にしてBを実行する。

イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態にしてBを実行する。

ウ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行可能状態にしてAを実行する。

エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態にしてAを実行する。





正解


解説

プリエンプティブなマルチタスクは、OSがアプリケーションのCPU割り当て時間を管理する方式である。
Aの方が優先度が高いのでBの実行中にAに起動がかかると、Aを実行する。このときBは実行可能状態となる。

posted by ファーストマクロ at 09:55| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: