2019年12月10日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問20

問20

DRAMの特徴はどれか。

ア 書込み及び消去を一括又はブロック単位で行う。

イ データを保持するためのリフレッシュ操作又はアクセス操作が不要である。

ウ 電源が遮断された状態でも、記憶した情報を保持することができる。

エ メモリセル構造が単純なので高集積化することができ、ビット単価を安くできる。





正解


解説

ア フラッシュメモリの特徴である。DRAMは書込み及び消去をアドレス単位で行う。
なお、フラッシュメモリは、不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり、SSDに用いられる。

イ SRAM (Static Random Access Memory) の特徴である。SRAMは、読書き自由なRAMの一種で、コンピュータの電源を落とすと記憶内容も消える揮発性メモリであり、キャッシュメモリなどに用いられる。。

ウ DRAMは、電源が遮断されると、記憶内容も消える。

エ 正しい。DRAM (Dynamic Random Access Memory) は、読書き自由なRAMの一種で、リフレッシュ動作が必要なメモリであり、PCの主記憶として用いられる。

タグ:メモリ
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: