2019年12月24日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問34

問34

クライアントAがポート番号8080のHTTPプロキシサーバBを経由してポート番号80のWebサーバCにアクセスしているとき、宛先ポート番号が常に8080になるTCPパケットはどれか。

ア AからBへのHTTP要求及びCからBへのHTTP応答

イ AからBへのHTTP要求だけ

ウ BからAへのHTTP応答だけ

エ BからCへのHTTP要求及びCからBへのHTTP応答





正解


解説

ポート番号は、個々のサービスを識別するための番号である。

クライアントAがポート番号8080のHTTPプロキシサーバBを経由してWebサーバCにアクセスするから、
@クライアントAは、まず、プロキシサーバのポート番号8080を宛先にしてパケットを送信する必要がある。 (このとき送信元ポート番号は任意である。)

AプロキシサーバBは、ポート番号8080で受け取ったパケットを別のポートを使用して、WebサーバCのポート番号80を宛先にしてパケットを送信する。

BWebサーバCは、HTTP応答をポート番号80からプロキシサーバBの別のポートに送信する。

CプロキシサーバBは受け取ったHTTP応答を、プロキシサーバBの8080ポートから、クライアントAが送ったポートに送信する。

したがって、宛先ポート番号が常に8080になるTCPパケットは、AからBへのHTTP要求だけとなる。

posted by ファーストマクロ at 20:49| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: