2020年01月02日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問42

問42

1台のファイアウォールによって、外部セグメント、DMZ、内部セグメントの三つのセグメントに分割されたネットワークがあり、このネットワークにおいて、Webサーバと、重要なデータをもつデータベースサーバから成るシステムを使って、利用者向けのWebサービスをインターネットに公開する。インターネットからの不正アクセスから重要なデータを保護するためのサーバの設置方法のうち、最も適切なものはどれか。ここで、Webサーバでは、データベースサーバのフロントエンド処理を行い、ファイアウォールでは、外部セグメントとDMZとの間、及びDMZと内部セグメントとの間の通信は特定のプロトコルだけを許可し、外部セグメントと内部セグメントとの間の直接の通信は許可しないものとする。

ア WebサーバとデータベースサーバをDMZに設置する。

イ Webサーバとデータベースサーバを内部セグメントに設置する。

ウ WebサーバをDMZに、データベースサーバを内部セグメントに設置する。

エ Webサーバを外部セグメントに、データベースサーバをDMZに設置する。





正解


解説

重要なデータをもつデータベースサーバは、内部セグメントに設置する。
Webサーバは外部からの利用者がアクセスするため、内部セグメントに設置すると、Webサーバが被害を受けた際に内部セグメント内のサーバにも被害が及ぶ可能性がある。
従って、WebサーバはDMZ内に設置する。

なお、DMZ (DeMilitarized Zone = 非武装地帯) はインターネットと社内ネットワークなどのプライベートネットワークの間に設置されるセグメントのことである。

タグ:DMZ
posted by ファーストマクロ at 17:33| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: