2020年01月07日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問47

問47

エラー埋込法において、埋め込まれたエラー数をS、埋め込まれたエラーのうち発見されたエラー数をm、埋め込まれたエラーを含まないテスト開始前の潜在エラー数をT、発見された総エラー数をnとしたとき、S、T、m、nの関係を表す式はどれか。

ア m/S = (n−m)/T

イ m/S = T/(n−m)

ウ m/S = n/T

エ m/S = T/n





正解


解説

エラー埋込法では、テスト開始前の潜在エラー数に占める発見された潜在エラー数の割合と
埋め込まれたエラー数に占める発見された埋め込まれたエラー数の割合は等しくなる。
つまり、発見された潜在エラー数をおくと以下の式が成り立つ。



発見された潜在エラー数は、発見された総エラー数から発見された埋め込まれたエラー数を引けばよいから、

= ()/ の関係となる。

posted by ファーストマクロ at 20:38| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: