2020年01月19日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問59

問59

情報システム部が開発して経理部が運用している会計システムの運用状況を、経営者からの指示で監査することになった。この場合におけるシステム監査人についての記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア 会計システムは企業会計に関する各種基準に準拠すべきなので、システム監査人を公認会計士とする。

イ 会計システムは機密性の高い情報を扱うので、システム監査人は経理部長直属とする。

ウ システム監査を効率的に行うために、システム監査人は情報システム部長直属とする。

エ 独立性を担保するために、システム監査人は情報システム部にも経理部にも所属しない者とする。





正解


解説

ア 会計監査の場合には公認会計士を含めなければならないが、システム監査の場合には、公認会計士を含める必要はない。

イ 経理部が運用している会計システムの監査人を、経理部長直属とするのは、システム監査人の独立性の観点から避けるべきである。

ウ 情報システム部が開発した会計システムのシステム監査人を、情報システム部長直属とするのは、システム監査人の独立性の観点から避けるべきである。

エ 正しい。

posted by ファーストマクロ at 08:23| Comment(0) | R01秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: