2020年03月29日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問39

問39

無線LAN環境におけるWPA2-PSKの機能はどれか。

ア アクセスポイントに設定されているSSIDを共通鍵とし、通信を暗号化する。

イ アクセスポイントに設定されているのと同じSSIDとパスワード (Pre-Shared Key) が設定されている端末だけに接続を許可する。

ウ アクセスポイントは、IEEE 802.11ac に準拠している端末だけに接続を許可する。

エ アクセスポイントは、利用者ごとに付与されたSSIDを確認し、無線LANへのアクセス権限を識別する。





正解


解説

ア SSID (Service Set IDentifier) は、アクセスポイントの名前であり、共通鍵ではない。

イ 正しい。WPA2-PSK (Wi-Fi Protected Access 2 - Pre-Shared Key) は、無線LANの暗号化方式のパーソナルモードであり、家庭用である。

ウ IEEE 802.11acに準拠している端末だけに接続を許可するかどうかはアクセスポイントの設定次第である。

エ SSIDはアクセスポイント1つにつき1つである。

posted by ファーストマクロ at 09:41| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: