2020年04月05日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問45

問45

虹彩認証に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア 経年変化による認証精度の低下を防止するために、利用者の虹彩情報を定期的に登録し直さなければならない。

イ 赤外線カメラを用いると、照度を高くするほど、目に負担を掛けることなく認証精度を向上させることができる。

ウ 他人受入率を顔認証と比べて低くすることが可能である。

エ 本人が装置に接触したあとに残された遺留物を採取し、それを加工することによって認証データを偽造し、本人になりすますことが可能である。





正解


解説

ア 目に外傷などを追わない限り、生涯に1度だけ登録するだけで認証が可能である。

イ 低照度で十分な認証精度が得られる。

ウ 正しい。虹彩認証は顔認証よりも精度が高い。

エ 虹彩認証では、遺留物を加工して認証データを偽造することはできない

タグ:虹彩認証
posted by ファーストマクロ at 07:23| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: