2020年04月16日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問56

問56

ITIL 2011 editionによれば、7ステップの改善プロセスにおけるa、b及びcの適切な組合せはどれか。

〔7ステップの改善プロセス〕

       ステップ1    ステップ2
       ┌──────┐ ┌──────┐
     ┌→│改善の戦略を├→│測定するもの├─┐
     │ │識別する  │ │を定義する │ │
     │ └──────┘ └──────┘ │
 ステップ7                   │
 ┌──────┐                ↓
 │改善を実施す│             ステップ3
 │る     │            ┌──────┐
 └──────┘            │データを収集│
     ↑                │する    │
 ステップ6               └──────┘
 ┌──────┐                │
 │   c   │                │
 │      │                │
 └──────┘                │
     ↑  ステップ5    ステップ4    │
     │ ┌──────┐ ┌──────┐ │
     └─┤   b   │←┤   a   │←┘
       │      │ │      │
       └──────┘ └──────┘


   ┌──────┬──────┬──────┐
   │   a   │   b   │   c   │
 ┌─┼──────┼──────┼──────┤
 │ア│情報とデータ│情報を提示し│データを処理│
 │ │を分析する │て利用する │する    │
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │イ│情報とデータ│データを処理│情報を提示し│
 │ │を分析する │する    │て利用する │
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │ウ│データを処理│情報とデータ│情報を提示し│
 │ │する    │を分析する │て利用する │
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │エ│データを処理│情報を提示し│情報とデータ│
 │ │する    │て利用する │を分析する │
 └─┴──────┴──────┴──────┘





正解


解説

データ処理情報とデータの分析情報の利用を、どの順番で並べるかという問題である。
7ステップの改善プロセスは以下のとおり。

@ 改善の戦略を識別する

A 測定するものを定義する

B データを収集する

C データを処理する

D 情報とデータを分析する

E 情報を提示して利用する

F 改善を実施する

タグ:ITIL
posted by ファーストマクロ at 07:46| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: