2020年04月19日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問59

問59

システム監査基準 (平成30年) における監査手続の実施に際して利用する技法に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア インタビュー法とは、システム監査人が、直接、関係者に口頭で問い合わせ、回答を入手する技法をいう。

イ 現地調査法は、システム監査人が監査対象部門に直接赴いて、自ら観察・調査するものなので、当該部門の業務時間外に実施しなければならない。

ウ コンピュータ支援監査技法は、システム監査上使用頻度の高い機能に特化した、しかも非常に簡単な操作で利用できる専用ソフトウェアによらなければならない。

エ チェックリスト法とは、監査対象部門がチェックリストを作成及び利用して、監査対象部門の見解を取りまとめた結果をシステム監査人が点検する技法をいう。





正解


解説

ア 正しい。システム監査基準には、以下の記載がある。
インタビュー法とは、監査対象の実態を確かめるために、システム監査人が、直接、関係者に口頭で問い合わせ、回答を入手する技法をいう。

イ システム監査基準には、以下の記載がある。
現地調査法とは、システム監査人が、被監査部門等に直接赴き、対象業務の流れ等の状況を、自ら観察・調査する技法をいう。
業務時間内に実施するほうがよい。。

ウ システム監査基準には、以下の記載がある。
コンピュータ支援監査技法とは、監査対象ファイルの検索、抽出、計算等、システム監査上使用頻度の高い機能に特化した、しかも非常に簡単な操作で利用できるシステム監査を支援する専用のソフトウェアや表計算ソフトウェア等を利用してシステム監査を実施する技法をいう。

エ システム監査基準には、以下の記載がある。
チェックリスト法とは、システム監査人が、あらかじめ監査対象に応じて調整して作成したチェックリスト (通例、チェックリスト形式の質問書) に対して、関係者から回答を求める技法をいう。

posted by ファーストマクロ at 08:21| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: