2020年04月23日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問63

問63

オープンデータの説明はどれか。

ア 営利・非営利の目的を問わず二次利用が可能という利用ルールが定められており、編集や加工をする上で機械判読に適し、原則無償で利用できる形で公開された官民データ

イ 行政事務の効率化・迅速化を目的に、国、地方自治体を相互に接続する行政専用のネットワークを通じて利用するアプリケーションシステム内に、安全に保管されたデータ

ウ コンビニエンスストアチェーンの売上データや運輸業者の運送量データなど、事業運営に役立つデータであり、提供元が提供先を限定して販売しているデータ

エ 商用のDBMSに代わりオープンソースのDBMSを用いて蓄積されている企業内の基幹業務データ





正解


解説

ア 正しい。

イ 保有するデータはすべてオープンデータとして公開することを原則としている。

ウ データは営利・非営利の目的を問わず二次利用が可能でなければならない。

エ オープンソースのDBMSを用いて、データが蓄積されているかどうかではない。

posted by ファーストマクロ at 23:28| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: