2020年05月05日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問75

問75

ワークサンプリング法の説明はどれか。

ア 観測回数・観測時刻を設定し、実地観測によって観測された要素作業数の比率などから、統計的理論に基づいて作業時間を見積もる。

イ 作業動作を基本動作にまで分解して、基本動作の時間標準テーブルから、構成される基本動作の時間を合計して作業時間を求める。

ウ 作業票や作業日報などから各作業の実績時間を集計し、作業ごとに平均して標準時間を求める。

エ 実際の作業動作そのものをストップウォッチで数回反復測定して、作業時間を調査する。





正解


解説

ア 正しい。

イ 規定時間標準法 (PTS = Predetermined Time Standard system)の説明である。

ウ 実績資料法の説明である。

エ ストップウォッチ法 の説明である。

posted by ファーストマクロ at 09:13| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: