2020年05月09日

令和元年度秋期 応用情報技術者試験問題 問79

問79

下請代金支払遅延等防止法において、親事業者の違法となる行為はどれか。

ア 支払期日を、発注したソフトウェアの受領後45日と決めた。

イ ソフトウェア開発の発注書面を、了解を得て電子メールで送った。

ウ 納品され受領したソフトウェアの仕様を変更したいので、返品した。

エ 納品されるソフトウェアに不具合があるので、受領拒否した。





正解


解説

下請代金支払遅延等防止法 (下請法) は、「下請代金の支払遅延等を防止することによつて、親事業者の下請事業者に対する取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もつて国民経済の健全な発達に寄与することを目的」として制定された。

ア 受領後60日以内に支払えば問題ない。

イ 承諾を得ておけば問題ない。

ウ 正しい。下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに、納品され受領したソフトウェアを返品することは、下請法第4条第2項の四に該当し、違反となる。

エ 下請事業者の責めに帰すべき理由によって、受領拒否することは問題ない。

タグ:下請法
posted by ファーストマクロ at 08:27| Comment(0) | R01秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: