2020年05月19日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問29

問29

RDBMSの機能によって実現されるトランザクションの性質はどれか。

ア ACID特性

イ 関数従属性

ウ 候補キーの一意性

エ データ独立性





正解


解説

ア 正しい。
Atomicity (原子性):トランザクション処理が「全て実行される」か「一つも実行されないか」のどちらかになることを保証する。
Consistency (一貫性):トランザクションの前後で、データに矛盾が無く整合性が保たれることを保証する。
Isolation (独立性・隔離性):同時に処理されている他のトランザクションに影響を受けず、また、他の処理に影響を与えないことを保証する。
Durability (永続性・耐久性):トランザクションが完了したらデータベースに記録され、結果が失われることが無いことを保証する。

イ 関数従属とは、一つの値が決まれば、他の項目の値が 一意に決まる関係のことを言う。 関数従属は、正規化によって実現される性質である。

ウ 候補キーの一意性は、RDBMSが持つべき性質そのものである。

エ データの独立性は、データを変更しても、プログラムを変更しなくてもよいという、データとアプリケーションを切り離すことで実現される性質である。

タグ:RDBMS
posted by ファーストマクロ at 20:05| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: