2020年05月20日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問30

問30

トランザクション処理プログラムが、データベース更新の途中で異常終了した場合、ロールバック処理によってデータベースを復元する。このとき使用する情報はどれか。

ア 最新のスナップショット情報

イ 最新のバックアップファイル情報

ウ ログファイルの更新後情報

エ ログファイルの更新前情報





正解


解説

ア スナップショット情報は、特定のタイミングで抜き出したデータベースの情報であり、トラブルの原因分析などに使用されるが、通常、データベースの復旧には、ほとんど用いられない。

イ データベースに障害が発生したような場合に、まず、最新のバックアップファイル情報を使用してデータを復元し、その後、ログファイルの更新後情報を用いて、障害直前の状態に戻す。

ウ ロールフォワードは、データベースに障害が発生したような場合に、チェックポイントまでのデータを再現し、ログファイルの更新後情報を用いて、障害直前の状態に戻すことである。

エ 正しい。ロールバックは、トランザクション処理の途中で障害が発生したような場合に、ログファイルの更新前情報を用いてトランザクション開始時点の状態に戻すこと。

posted by ファーストマクロ at 06:28| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: