2020年06月06日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問46

問46

UML2.0において、オブジェクト間の相互作用を時系列に表す図はどれか。

ア アクティビティ図

イ コンポーネント図

ウ シーケンス図

エ 状態遷移図





正解


解説

ア アクティビティ図は、業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐や並行処理、処理の同期などの動作の流れを表現する図である。

イ コンポーネント図は、システムを構成するプログラムやクラス、ファイルなどのコンポーネント間のインターフェースや依存関係を表現する図である。

ウ 正しい。

エ 状態遷移図は、現在の状態と発生したイベントや条件によって、次の状態を表すモデルのことである。状態マシン図、ステートマシン図とも呼ばれる。

タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 08:40| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: