2020年06月14日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問54

問54

プロジェクトで発生した課題の傾向を分析するために、ステークホルダ、コスト、スケジュール、品質などの管理項目別の課題件数を棒グラフとして件数が多い順に並べ、この順で累積した課題件数を折れ線グラフとして重ね合わせた図を作成した。この図はどれか。

ア 管理図

イ 散布図

ウ 特性要因図

エ パレート図





正解


解説

ア 管理図は、中心線になる横線とそれと並行に管理限界線を引き、品質のばらつきを管理する図である。

イ 散布図は、2種類のデータの関係を対応させ、グラフ上に点でプロットした図である。

ウ 特性要因図は、特性と要因の関係を系統的に線で結んで、問題の原因追及などに使われるダイアグラムである。魚の骨図 (フィッシュボーン・チャート) とも呼ばれる。

エ 正しい。

タグ:QC
posted by ファーストマクロ at 10:43| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: