2020年06月16日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問56

問56

新規システムにおけるデータのバックアップ方法に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア 業務処理がバックアップ処理と重なると応答時間が長くなる可能性がある場合には、両方の処理が重ならないようにスケジュールを立てる。

イ バックアップ作業時間を短くするためには、バックアップデータをバックアップ元データと同一の記憶媒体内に置く。

ウ バックアップデータからの復旧時間を短くするためには、差分バックアップを採用する。

エ バックアップデータを長期間保存するためには、ランダムアクセスが可能な媒体を使用する。




答えはこちら

正解


解説

ア 正しい。データとバックアップデータの整合性面からも、バックアップはシステム稼働中は避けることが望ましい。

イ 同一の記憶媒体でのバックアップは、ネットワークやケーブルを使うよりも作業時間は多少は短くなるが、そもそも同一の記憶媒体内に置くと、バックアップの意味合いが薄れるため、誤りである。

ウ 復旧時間を短くするには、フルバックアップの方が短い。

エ ランダムアクセスができる記憶媒体は磁気テープと比べると保存できる期間 (寿命) は短い

posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: