2020年06月26日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問66

問66

電化製品に搭載する部品を試作するとき、全体のコストが最も安くなる開発方法はどれか。ここで、各工程の工期は、作成工程が6か月、改造工程が3か月、評価工程が2か月とする。また、1人当たりのコストは、作成工程が60万円、改造工程及び評価工程がそれぞれ100万円とする。ただし、人月コスト、購入費及び委託費の三つ以外のコストは考慮しない。

  ┌───────┬───┬───┬──────────────┐
  │        │購入費│委託費│  月当たりの人数(人)  │
  │  開発方法  │(万円)│(万円)├────┬────┬────┤
  │       │   │   │作成工程│改造工程│評価工程│
┌─┼───────┼───┼───┼────┼────┼────┤
│ア│サンプルを購入│ 2,000│  0│   0│   4│   1│
│ │して社内で改造│   │   │    │    │    │
├─┼───────┼───┼───┼────┼────┼────┤
│イ│社外に一括委託│  0│ 3,500│   0│   0│   0│
├─┼───────┼───┼───┼────┼────┼────┤
│ウ│社内資産を改造│  0│  0│   0│  10│   3│
├─┼───────┼───┼───┼────┼────┼────┤
│エ│社内で新規作成│  0│  0│  10│   0│   2│
└─┴───────┴───┴───┴────┴────┴────┘





正解


解説

題意に従い、計算するとすぐに判る。

ア 2,000+0+0+100×3か月×4人+100×2か月×1人3,400万円

イ 0+3,500+0+0+0 = 3,500万円

ウ 0+0+0+100×3か月×10人+100×2か月×3人 = 3,600万円

エ 0+0+60×6か月×10人+0+100×2か月×2人 = 4,000万円

タグ:開発コスト
posted by ファーストマクロ at 21:25| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: