2020年07月04日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問74

問74

車載機器の性能の向上にかかわる記述のうち、ディープラーニングを用いているものはどれか。

ア 車の壁への衝突を加速度センサが検知し、エアバッグを膨らませて搭乗者をけがから守った。

イ システムが大量の画像を取得し処理することによって、歩行者と車をより確実に見分けることができるようになった。

ウ 自動でアイドリングストップする装置を搭載することによって、運転経験が豊富な運転者が運転する場合よりも燃費を向上させた。

エ ナビゲーションシステムが、携帯電話回線を通してソフトウェアのアップデートを行い、地図を更新した。





正解


解説

ア センサーを応用した技術である。

イ 正しい。ディープラーニングは、機械学習の一つであり、人間の脳神経回路をモデル化したニューラルネットワークを多層化し、コンピュータが自動的にデータの特徴を捉え、音声や画像の特徴を認識する技術のことである。

ウ センサーやタイマーを用いた技術である。

エ IoTなどを用いた技術である。

posted by ファーストマクロ at 10:15| Comment(0) | H29秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: