2020年07月17日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問7

問7

顧客番号をキーとして顧客データを検索する場合、2分探索を使用するのが適しているものはどれか。

ア 顧客番号から求めたハッシュ値が指し示す位置に配置されているデータ構造

イ 顧客番号に関係なく、ランダムに配置されているデータ構造

ウ 顧客番号の昇順に配置されているデータ構造

エ 顧客番号をセルに格納し、セルのアドレス順に配置されているデータ構造





正解


解説

ア データは必ず、昇順に配置されている必要がある。

イ ランダムに配置されている場合は、線形検索が適する。

ウ 正しい。2分検索法 (バイナリサーチ) は検索値と、データを2分割した真ん中の値を比較し、検索値がデータの真ん中の値よりも小さければ、データの前半部分を、大きければデータの後半部分を検索して、検索範囲を2分の1ずつ狭めていく方法である。データは必ず、昇順に配置されている必要がある。

エ セルのアドレス順に並んでいても、格納されているデータが昇順に配置されていなければ、2分検索は適用できない。

posted by ファーストマクロ at 19:32| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: