2020年07月19日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問9

問9

キャッシュの書込み方式には、ライトスルー方式とライトバック方式がある。ライトバック方式を使用する目的として、適切なものはどれか。

ア キャッシュと主記憶の一貫性 (コヒーレンシ) を保ちながら、書込みを行う。

イ キャッシュミスが発生したときに、キャッシュの内容の主記憶への書き戻しを不要にする。

ウ 個々のプロセッサがそれぞれのキャッシュをもつマルチプロセッサシステムにおいて、キャッシュ管理をライトスルー方式よりも簡単な回路構成で実現する。

エ プロセッサから主記憶への書込み頻度を減らす。





正解


解説

ア ライトスルー方式の説明である。

イ ライトスルー方式の目的である。

ウ ライトバック方式は、ライトスルー方式に比べると同期制御を行う必要がある分だけキャッシュ管理は複雑となる。

エ 正しい。

タグ:キャッシュ
posted by ファーストマクロ at 09:40| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: