2020年07月22日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問12

問12

システムの性能を向上させるために、スケールアウトが適しているシステムはどれか。

ア 一連の大きな処理を一括して実行しなければならないので、並列処理が困難な処理が中心のシステム

イ 参照系のトランザクションが多いので、複数のサーバで分散処理を行っているシステム

ウ データを追加するトランザクションが多いので、データの整合性を取るためのオーバヘッドを小さくしなければならないシステム

エ 同一のマスタデータベースがシステム内に複数配置されているので、マスタを更新する際にはデータベース間で整合性を保持しなければならないシステム





正解


解説

ア スケールアップが適しているシステムである。

イ 正しい。スケールアウトは、サーバの台数を増やして負荷分散することによって、サーバ群としての処理能力を向上させることである。

ウ スケールアウトすると、オーバヘッドが大きくなる。この場合のオーバヘッドは余分に費やされる時間のことである。

エ 整合性を保持するにはスケールアウトは適さない。

posted by ファーストマクロ at 00:05| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: