2020年08月07日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問27

問27

RDBMSが二つの表を結合する方法のうち、ソートマージ結合法に関する記述はどれか。

ア 一方の表の結合する列がインデックスに含まれている場合、もう一方の表の結合する列とインデックスの値で結合する。

イ 一方の表の結合する列の値でハッシュ表を作成し、もう一方の表の結合する列と結合する。

ウ 一方の表の結合する列の値を順に読み出し、もう一方の表の結合する列と結合する。

エ 結合する列の値で並べ替えたそれぞれの表の行を、先頭から順に結合する。





正解


解説

ア インデックスは行を格納するDB上の位置を表すものであり、列の値と結合するものではない。

イ ハッシュ結合法に関する記述である。

ウ ネステッド・ループ結合法 (ネスト・ループ結合法) に関する記述である。

エ 正しい。

タグ:RDBMS
posted by ファーストマクロ at 20:15| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: