2020年08月10日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問30

問30

本社と工場との間を専用線で接続してデータを伝送するシステムがある。このシステムでは2,000バイト/件の伝票データを2件ずつまとめ、それに400バイトのヘッダ情報を付加して送っている。伝票データは、1時間に平均100,000件発生している。回線速度を1Mビット/秒としたとき、回線利用率はおよそ何%か。

ア 6.1  イ 44  ウ 49  エ 53





正解


解説

1回に送信するデータの大きさは
2,000バイト×2件 + 400バイト = 4,400バイトであり、
1時間に送信するデータ量は
100,000件 ÷ 2×4,400バイト220,000バイトである。

従って回線利用率は
(220,000バイト÷3,600秒) ×8 ÷ 1M ≒ 49% となる。

タグ:回線利用率
posted by ファーストマクロ at 09:50| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: