2020年08月24日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問44

問44

電子メールの送信時に、送信者を送信側のメールサーバで認証するためのものはどれか。

ア APOP

イ POP3S

ウ S/MIME

エ SMTP-AUTH





正解


解説

ア APOP (Authenticated Post Office Protocol) は、パスワードを秘匿するために、パスワードからハッシュ値を計算して、その値で利用者が電子メールを受信する際の利用者認証を行う方法である。

イ POP3 (Post Office Protocol 3) はサーバからメールを受信するためのプロトコルであり、POP3S (POP3 over SSL/TSL) は、SSL/TLSで暗号化した伝送路でPOP3通信を行うプロトコルのことである。

ウ S/MIME (Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions) は、電子メールを暗号化したりデジタル署名を付加したりする標準規格の一つである。

エ 正しい。SMTP-AUTH (SMTP Service Extension for Authentication) は、クライアントが SMTPサーバにアクセスしたときに利用者認証を行い、許可された利用者だけから電子メールを受け付ける方法のことである。

posted by ファーストマクロ at 20:47| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: