2020年09月20日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問70

問70

バランススコアカードの学習と成長の視点における戦略目標と業績評価指標の例はどれか。

ア 持続的成長が目標であるので、受注残を指標とする。

イ 主要顧客との継続的な関係構築が目標であるので、クレーム件数を指標とする。

ウ 製品開発力の向上が目標であるので、製品開発領域の研修受講時間を指標とする。

エ 製品の納期遵守が目標であるので、製造期間短縮日数を指標とする。





正解


解説

バランススコアカードは、組織全体の活動を、財務顧客業務プロセス (内部ビジネスププロセス)、学習と成長の、4つの視点に分けて展開し、課題の把握や解決を図る方法である。

ア 財務の視点における戦略目標と業績評価指標の例である。

イ 顧客の視点における戦略目標と業績評価指標の例である。

ウ 正しい。

エ 業務プロセスの視点における戦略目標と業績評価指標の例である。

posted by ファーストマクロ at 10:23| Comment(0) | H29春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: